MOTER MEET IN AKIGASE 2018.4.29

AKIGASE01

2018年4月29日今年もA.G.Lのミーティングは行われた。
最新スーパースポーツから車に積める面白バイクまで、様々な種類のマシンが集まり賑わった。
『大切なのは楽しむ事』そう教えてくれた彼らのミーティングに迫っていこう。

AKIGASE02

そもそもAGLとは?

『Amazing Garage Life』の略称でそれをチーム名として活動する乗り物大好き集団だ。
メンバーは地元のバイク好き5人が集まっていて、集合すればバイク、車、カメラ、パソコンの話でいつも盛り上がっているという。
そんな彼らの主な活動内容は、日常のバイクカスタムの発信、ユーチューブへの動画UP、
ライダーへのインタビューを題材にした紙面作成、そして年に一度行うミーティング。
いかにも物好きの集まりといったところだ。
そんなAGLメンバーが取材したのが今回のAGL MOTORMEET 2nd。
大きな会場を貸し切った大規模なミーティングではないが、
メンバー自身も楽しみ、かつきてくれた人も一人一人楽しめる、そんなミーティングを心がけているという。

それでは皆さんご一緒にENJOY AGL MOTORMEET!!!!‼︎ 楽しんじゃいましょう!!!!


AKIGASE02

場所は前回同様秋ヶ瀬公園、天気は文句無しの快晴。
A.G.Lにとって2回目のミーティングはベストコンディションで幕を開けた。
メンバーの待つ会場には続々とバイクが現れ、朝の静けさが嘘のように賑わい、
そこにはメンバーの知り合いやHPを見て駆けつけた参加者達がいた。
彼らの磨き込まれたバイクを見て、今回のミーティングの意気込みがうかがえた。

参加者も増え始め、テントを張り、昼にはタコスとグリーンカレーを提供。
バイクを見ながらランチができる最高の場となり、アウトドアな雰囲気も楽しむことができただろう。
そして参加者に、新しく製作したロゴステッカーを配布してくれた。

僕が目にして一番気になったバイクは
参加した誰もが注目せざるをえなかったNSR250Rだった。
このバイクは当時の世代の人たちの憧れ、もしくはライバルといっても過言ではない存在で、
ロスマンズカラーのカウルやイエローのヘッドライト、これだけでも目を引くには十分だったが、
部品一つ一つがアルマイト加工されていたり、
ボルトなども交換されていて、いかにも早そうな車両に仕上がっていた。
僕は綺麗なnsrに感動したと同時に、
消えゆく2stを間近で見れる機会がこれ以上減らないことを祈ってしまった。

ミーティングには最新型のCBR250RRも参加していた。
やはりフォルムが今どきで、エッヂが効いた攻撃的なフェイスをしている。
サスペンションが倒立なのに対してブレーキはシングル、
そこに違和感を感じたが大口径ローターがついていてきっとブレーキの効きは十分なのだろう。
スロットルはワイヤーがない電子制御式だがレスポンスが想像していたよりかなり良く、扱いやすく、
かつ使い切った感を味あわせてくれそうなエンジンのフィーリングだと感じた。

その他にもCB400SFやCBR1000RRなど、
バイク好きなら誰でも知っているホンダを代表する名車たちも参加していて、
ライダーとそれぞれのバイクについて語り合い、
改めてホンダのバイクがライダーたちに愛されていることが実感できた。


AKIGASE02

ミーティングは終始盛り上がっていたが楽しい時間はあっという間で、
集合写真の撮影も終わり、僕は帰路についた。

彼らは今回初の試みとして、胸元にメンバーそれぞれの名前が入っているTシャツを作成し着用していた、
僕はAGLの楽しむ事への妥協の無さ、そしてさらなるクオリティの追求を肌で感じることができた。
更に、HPを見て参加した方もいたというから、AGLの認知度も少なからず上がっている。
着実な彼らの成長を感じ、これからも色々なことに挑戦してほしいと思うミーティングだった。
また次回のmeetがあることを楽しみにしている。



こんにちは!!
AGL 2ndmeet、いかがでしたか?
メンバーはしっかりイベントを楽しむことができました。参加してくださった方々も楽しんで頂けていたら幸いです。

会場にはジャンルにとらわれないバイクが集まり、
ツーリングスポットやバイクへのこだわり、その人のバイクへの思いなどを聞くことができて、とても良かったです。
今後も少しずつ成長し、参加して下さった方々と共にバイクライフをエンジョイしていきたいと思っています。
また次回ミーティング、又はツーリングなどのイベントを行う際はHPやSNSにて発信いたしますので是非ご参加お待ちしてます。
また会場にてお会いしましょう、ありがとうございました。

AGL一同



AKIGASE02

イベントのためにAGLが作ったフライヤーは実に12枚、メンバーの車両やイベント参加車両をモデルとし、
僕たちの活動を知ってもらうため製作した。
その過程で感じたことは乗る、触れる、だけに留まらないオートバイの楽しみ方があるという事。
フライヤーを作る過程で、写真を撮る、加工する、それをへて完成した物を見て感じた充実感は、
バイクと直に触れ合った時のそれとは全くの別物であった。
ゆえに普段とは違うバイクの楽しみ方を体現できたと思う。
ゆえに僕らの原動力の一つとしてミーティングは大きな意味があるのだと感じた。

GARAGE CHANNEL > Youtube

2018年度
AGLミーティング秋ヶ瀬公園


ENJOY A.G.L MOTER MEET IN AKIGASE 2018.4.29

-amazing garage life-


inserted by FC2 system